森林館

山沢智知のお知らせとブログ

カムバックをお知らせいたします【ほぼ週1雑記20】

 

f:id:yamazawatomoshi:20200809120200p:plain

 

2019年の10月から始めた、この「ほぼ週1雑記」。毎週末に、その週にあったことや思ったことを日記として記してきました。きっちりとした形にとらわれない、自由なスタイルのこの雑記は、自然に僕の生活に馴染んでいました。

 

しかし、2020年2月、突如雑記の更新はストップ。「森林館」の記事は本数が減り、多数のページへのアクセスも不能に。雑記は全て非公開となり、その他の記事もかなりの数が非公開状態になりました。

 

そして本日、8月9日。カムバックをお知らせいたします。雑記の更新を再開していきます。非公開だった記事のほとんどは既に公開状態になっていますので、ご安心を。では、どうしてこんなことになったのか。それについて説明しながら、今回の雑記を始めていきたいと思います。8月2日から8月8日までの雑記、スタートです。

 

 

 

 

 

どうして! 突然の雑記更新停止

 日常の一部になっていた雑記の更新を停止するというのは、僕としても非常に心苦しさがありました。毎週欠かさず更新していた雑記をある日を境に全く書かなくなるのもなかなかつらいものです。連続記録を途絶えさせてしまう、この感じ・・・。

 

そもそも雑記自体、「毎週更新は無理だろうから『"ほぼ"週1雑記』にしよう」ということでこのタイトルにしました。それがどういうわけか1度も休むことなく更新できていたので、僕なりに結構雑記を気に入っていたんだと思います。

 

それが何故、更新を停止しなければならなかったのか。すべては、2020年2月29日から始まりました。

 

2月29日、あるツイートをしまいした。

 

 

数日間、森林館のメンテナンスを行う予定でした。というのも、実は当時の森林館があまり良い状態ではないということを教えてもらい、それを改善するために色々試行錯誤を繰り返しながらメンテナンス作業を行っていました。2月29日の時点では、これくらいの作業量なら数日で終わるだろうと、完全に高を括っていました。

 

大間違い! 作業量はめっちゃくちゃに多いし、何より作業内容がだいぶ難しいことで、僕のスキルだと物凄く時間をかけないと終わらせられない・・・。

 

という理由で、8月までかかってしまったのです。

 

色々大変ではありましたが、無事森林館のアップデートも完了したので、わりかし使いやすくなっていると思います。トップページはエントランスページとして機能するようにしています。

 

 

 雑記が停止していた3月から7月までにあったたくさんの出来事は、追い追い書いていきたいと思っています。

 

 

 

最近書いた(or参加した)記事(or小説)

 雑記の更新が停止していた期間のものをすべて一気に紹介します。

 

にじねこライターが1つのテーマについてフリーチャットをする企画「路地裏会議」に出ました。第9回のテーマは「造語をつくろう」。僕と他ライターが実際に会って、談笑しました。全然チャットじゃない!

 

 

第10回のテーマは「スマホに付けたい新機能」。たしか僕が編集した回です。いつもより盛り上がった印象。ぶっ飛んだアイデアがたくさん出ていて面白かった。

 

 

にじねこ2周年記念映像「116  -Hyaku Jyuroku-」の制作を担当しました。プロじゃないのでえらい時間がかかったけど、なかなか良いものができたと思います。映像内の1コーナー、「にじねこクロニクル」で松葉とにじねこの歴史について対談をしています。ぜひ観てね。

 

 

記事自体を書いたのは他ライターですが、寄稿した記念コメントが掲載されています。

 

 

さだまさしの曲「親父の一番長い日」に倣って、自分の子どもの人生を考えようという回。僕の持ち込み企画です。最終的にめっちゃくちゃになってて面白い。

 

 

平成の終わりにやった企画の第2弾。今度はにじねこの2周年を記念して。そのときよく聴いていた曲をiTunesのプレイリストから100曲選びました。かなり楽しいリストになった感じがある。

 

 

さくねこに記事を載せました。ふざけた記事です。

 

 

ライト文芸っぽい短編小説『白昼夢』を5月に公開しました。夏休みを無駄に過ごしてしまうことに苛立ちを感じながらも、結局何をするでもなく休みを終えてしまう主人公。そんな彼の、ある日の白昼夢に似た体験。

 

 

テーマは「好きなものを自由にプレゼンしよう」。僕は「ウルトラセブン」を紹介しました。とにかく見てみてとしか言えないな、これ。

 

 

にじねこでコラムの連載が始まりました。毎月第4水曜日に更新されます。雑記よりもお堅い感じです。こっちみたいに、書きたいことをただ羅列するだけではなく、回ごとに1つのテーマを決めて、それについて書いていくというスタイルです。コラムを書いてると、雑記の自由さが恋しくなる。いいね! 雑記。

 

 

テーマは「雑談がてら、知っているトリビアをひけらかそう」。読んだ後、きっとあなたは「なんてフリーダムな回なんだ!」と思うでしょう。僕も思いました。

 

 

コラムの第2回です。ずっと欲しかったレコード「Waltz for Debby」を手に入れたので、そのことについて書きました。

 

 

 

車に興味が湧いてきたよ(前編)

 最近、自分がどんどん車好きになっている気がする。休日は一日中YouTubeで車関連の動画を観ている。動画が見れない時は自動車情報サイト「ベストカー」の記事を読んでいる。

 

自動車情報誌「ベストカー」 - クルマ雑誌No.1 『ベストカー』のWEB版

↑WEBサイト「ベストカー

 

 

17歳なので、車を買うどころか免許も取れないけど、車を運転することばっか考えてる。MT車の運転が楽しそうすぎる! 86とか運転してみたいな。ただ、僕はマルチタスクが絶望的なまでに下手なので、エンストしまくりそうで怖い。

 

そもそも、車の運転自体が怖い。いや、たしかに運転はしたいが、事故る気しかしないので、そこまで免許を取りたいと思えない。子どもが飛び出して来てもとっさにブレーキを踏める自信が無い。被害者になるより、加害者になってしまうのが怖い。

 

 

でもやっぱ運転した~い! こういう葛藤を勝手にしています。まだ免許も取れない年齢なのに。

 

クーぺが好きなので、86とかBRZとか、ポルシェの718について調べたり動画を観たりしてます。

 

あと、「路地裏会議」とかいろんなところで言ってるけどteslaのroadsterもかなり好き。デザインも格好良いし、極限までシンプルにしたインテリアも良い。

 

 

 

ジーパンのポケットから上手にスマホを取り出せたことがない

数か月ぶりの雑記で書くことかよ、とは思いましたが、ジーパンのポケットからスルッとスマホを取り出すことができないということについて書きます。

 

この約半年の間に色々ありすぎて、何を書こうか考えたら頭がこんがらがってしまい、結局ここに落ち着いたのです。

 

ジーパンって、ぴっちりとしていて、かつ硬めの素材だから、ポケットから物を取り出しにくくないですか?

 

スマホとかのサイズが大きいものは特に感じます。

 

うまく取り出せない時って、ちょっと恥ずかしいですよね。こちらからは以上です。

 

 

立ち幅跳びと反復横跳びと走り幅跳びの違いをパッと思い出せない

立ち幅跳びと反復横跳びと走り幅跳びの違いをパッと思い出せません。こちらからは以上です。

 

 

小文集

  • リハビリ的な感じで、徐々に雑記を書く感覚を取り戻していきたいと思います。
  • レジに並んでいたら、後ろにいた同い年くらいの学生が「これは買わざるを得ないわ。買ってほしそうにこっちを見ていた」と言いながらごちうさのフィギュアを胸に抱えていて、クール・ジャパンと思った。
  • うさぎドロップ」を全巻買おうと思っている。

 

 

【おすすめ記事】