森林館

山沢智知のお知らせとブログ

元気なブログサイトですよ【ほぼ週1雑記2】

 

先週、5か月ぶりに近況をサイトで書きました。その波に乗って本日も更新します。最近考えていることとか、もろもろを書きます。話すことがバンバン変わるので、チャプター分けみたいなことをしました。

 

 

 

 

理由に見せかけた言い訳、に見せかけた理由、に・・・

僕はこのサイトでこうやってブログ記事を書いてもいますが、

滲むネオンと路地裏の猫」(以下、にじねこ)というサイトで小説を書いたりもしています。むしろ、今まではにじねこと森林館、8:2くらいの割合で力を入れていました。

 

にじねこは、僕と松葉ヅエという友人の2人で昨年の4月に開設し、おかげさまでもう1年以上続いています。さらになんと今年、8月に栄田胡桃、10月にうに茶がライターとして加入してくれて、よりサイトが賑やかになりそうです。

 

しかし、にじねこをよく見てくれている方はこう思うかもしれません。

「いやいや、8:2ってwwwwww笑止。森林館どころかにじねこでも全然小説書いてないじゃないか!」

 

松葉は月2~3本の小説を書いているのですが、僕はここ最近、基本月1本しか載せていません。それが何故なのか、少し簡単にまとめてみたいと思います。

 

 

理由1 筆が遅い、いや、遅すぎる

至ってシンプル。筆が遅いんです。僕は昔はパソコンに向かって書くことが多かったのですが、最近はノートにシャーペンで書いています。パソコンがない状態で書かなきゃならない状況があって、そこからずっとこのスタイルです。むしろ、パソコンだと全然書けなくなっちゃいました。時間はかかるし、いまいち納得のいくものもかけない。

実は、そのリハビリのためもあってこうやってブログを書いているというのもあります。

 

少し前、松葉と話をしていて驚いたことがあります。

山沢「僕、結構筆が遅いんだよね。それもあって全然書けてない」

松葉「あ、私も、書いても納得できないことが最近多い」

山沢「・・・? 1回全部書き上げることできるの!?」

松葉「うん。1回書く」

山沢「1回書きマン?」

松葉「1回書きマン」

 

普通、小説を書くときはまず頭の中で文章を考えて、それから書くと思いますが、

その考える段階で納得がいかなければ僕は筆を動かすことができません。

最近特に、納得がいかないことが多い。もっといい表現があるはずだ、と考えてばかりでノートは白紙のままです。

 

あれ、これって、俗にいうスランプ?

 

 

理由2 裏方の仕事ばっかしてる

サイトを作る上でとても大切なのが、HTML、CSSというプログラムです。

僕はド素人なので細かいことは全然知らないのですが、そういうプログラム言語みたいなのを組み合わせてサイトは作られています。僕と松葉はにじねこの管理部という立場でして、そういった「裏方での仕事」みたいなのを普段やっています。

とはいっても、そのHTML的なことをやっているのは僕で、松葉は記事の企画だったり、ライターへの事務連絡的なことを担当しています。

昔ちょっとだけHTMLやCSSについてネットで調べたことがある、ただそれだけの理由で僕がそれらを担当しています。ひどい話です。先日、大事なプログラムを誤って削除してしまって、にじねこが崩壊するという事件がありました。まじで焦りました。

地球の滅亡がわかった人類が「他の惑星に移ろう」と言うのと同じように、僕も本気で

「他のサイトに移ろう」と思いました。

 

結局原因がわかってなんとか復活できたのですが、それほどまでの危険と隣り合わせなのです。でも、4月から1年以上やってきて、だんだん楽しいなとも思うようになってきました。いや、サイトをぶっ壊すことがじゃありません。HTMLを使えば、サイトにボタンをつけたり、使いやすくしたりすることができます。それがなんとも、部屋のレイアウトを変えてるみたいで楽しい。

 

f:id:yamazawatomoshi:20191020141222p:plain

 

この、にじねこのTwitterYouTubeへのリンクボタンとか、カーソルをのせるとボタンが押されるみたいになるというアニメーションをつけました。

超楽しいです。カチカチなります。

(パソコンからアクセスしてにじねこでカチカチしよう : http://blurredneonandcatonthestreet.blog.jp/)

 

 

理由3 短編小説集つくってる

これが結構大きいです。短編小説集「色の音」を来月、11月30日に発売予定なのですが、いいものを作りたいという思いが強すぎてすごく時間がかかっています。

そっちに充てる時間が必然的に多くなってしまって、にじねこに顔が出せないわけです。サイトぶっ壊したりはしてるくせにね。

 

 

 ほかにも色々理由が重なっているのかもしれませんが、自分でわかっている理由はこれくらいです。

ただ、これからはもっと頑張ります、というよりかは、今後も僕はにじねこでは月に1本をベースに活動していこうと考えています。それは、今まで以上ににじねこの小説に時間をかけてより良いものにしたいからです。別に昔書いたものが手を抜いていたってわけではないんだけど、もっともっと時間をかけてみたい、と僕は最近思うようになってきました。鼓舞して頑張る。

 

 

風に立つライオン」にびっくりした話

最近よくさだまさしさんの曲を聴きます。

「関白宣言」でさださんを知り、「道化師のソネット」と「つゆのあとさき」でファンになり、「親父の一番長い日」で完全にさださんの凄さに気が付きました。

 

僕は「天晴~オールタイムベスト~」というベスト盤をipodに入れて聴いているのですが、いかんせんヒット曲が多いため全て知っているわけではなく、まだ聴けていない曲も何曲かあります。

 

それでちょっと前に、聴いたことない曲も聴いてみようと思いシャッフル再生してみたのですが、それで流れたのが「遥かなるクリスマス」。

 

さださんの曲に多い、物語のような曲です。クリスマスの夜、彼女へのプレゼントを抱えて雪の中を歩く男性の目に留まったのは、街頭ビジョンに映し出されたあるニュース。それは、紛争地帯の悲惨な現状を表した映像。逃げ惑う人々の悲鳴が流れる。そして男は、平和について、未来について、雪の中で一人考える。

 

歌詞がまたすごくて、『メリークリスマス』という幸せなワードに、世界の本当の平和について考える詩を挟んでいて、こんなのありかよと思いました。ぜひみなさんも歌詞を見ながら曲を聴いていただきたい。

 

 

そして、次に流れたのが「風に立つライオン」。

「遥かなるクリスマス」で電気ショックくらいの衝撃を食らった直後に、この「風に立つライオン」。

 

本当に綺麗な歌詞で、詩の情景を鮮明に脳で描くことができます。

どんな曲なのか、この映像を観ていただければわかります。

 

実はこの曲、大沢たかおさん主演で映画化されています。この予告映像の通り、曲の中で主人公は医師としてナイロビの村の人たちと関わって、そして大自然の中で暮らし、神様、人について深く考えます。こんな曲・・・他にない。上手すぎる風景描写、マッチしたメロディー。さださん、ただものじゃないです。これからの僕にとっても、大切な一曲になりそうです。

 

 

switchのレースゲームにハマった

 

最近よく「アスファルト9」というswitchのゲームをやります。ストアで見つけたとき、switchでもあるんだーと懐かしく思いダウンロードしました。というのも、昔前作をパソコンでプレイしていたので、割に思い入れがあるんです。改めて遊んでみると、自分が意外と車好きということがわかりました。といってもスーパー初心者なんで、車種とかそこまで詳しくはないのですが、車を見て、かっこいいなとはよく思います。今ゲーム内で所有している車は、BMWとChevroletの車です。

 

f:id:yamazawatomoshi:20191020175531j:plain

f:id:yamazawatomoshi:20191020175534j:plain

会社しかわからないレベルの初心者です。

 

 

あと、どうやらフェラーリもゲットできるみたいです。かっこいい。めっちゃ欲しいです。

 

f:id:yamazawatomoshi:20191020175537j:plain

 

この話は以上です。特に広げられませんでした。

 

 

森林館を有効活用したい

2018年3月4日、僕の前で産声が響き渡りました。

「元気なブログサイトですよ」

 

f:id:yamazawatomoshi:20190207195125p:plain

そう、森林館の誕生です。もともと違うサービスを使ってサイトを開始したので、URLやデザインが今と少し違います。僕はもともと、森林館で1人で小説を書いていくつもりでした。にじねこなんて考えてもいなかったし、そもそも松葉のことも知りませんでした。正確には、松葉が小説を書いているということを知りませんでした。まぁ、それから色々あってにじねこを始めたわけですが、それはまた別の機会に。

 

森林館開設当初、僕は小説のみをアップするつもりでいました。しかしそれからにじねこを開設。森林館は使われることなく終了・・・するかのように思えたがしかし。僕はもう一つ、やりたいことがありました。それは、ちょっとした記事を書く

 

森林館を始める前、僕は「○○○○○○○」というサイトでネット記事を書いていました(既に削除済ですが、恥ずかしいので名前は伏せておきます笑)。そこでは、当時見ていたアニメについてや、旅行の思い出など、ちょっとしたことを記事としてアップしていました。

 

その時の僕は、そういったことが好きでした。

 

 

 

 

今もじゃ!!!!!!!

 

今も好きです。

というわけで、今後森林館をその当時のサイトみたいに使っていこうと考えてます。

具体的にどんなことをしていたかというと、買ったイヤフォンとかCDとかについて話したり、旅行の写真をまとめて、色々話したり。

 

森林館ではそれだけでなく、他にもたくさん記事を出したいです。

この近況を語る記事も、できれば週1くらいのペースで出せたらなぁ、なんて考えてます。やりたいことをやる、ただそれだけなのですが、どうにも長い間ずっとできていませんでした。何故このタイミングなのかは自分でもわかりませんが、とりあえずやってみます。お楽しみに。

 

 

と、こんな感じで今週の近況記事はおしまいです。

随分長くなってしまいましたが、たくさん書けて楽しかったです。

それでは、また来週。